不景気にも強い

不動産投資は景気がよくても悪くても利益をしっかりと出すことができます。もちろん景気がよいに越したことはありません。特に不動産の売買を行う場合には、景気によって大きく左右されますが、購入するときには景気が悪い方が低価格で購入できますし、売却するときには景気がよい方が高く売れるので儲かるでしょう。しかし、不動産投資を行う場合には、あまり景気に影響されにくくなっているのです。

景気がよくても悪くても、賃貸住宅の利用者数にそれほど大きな変更点はありません。景気が悪くなると安い賃貸住宅に引越しをして、景気がよくなると高い賃貸住宅に引越しをするという人はあまりいないでしょう。だからこそ景気の良し悪しに左右されにくいと言われているのです。これも不動産投資のよいところだと言えるでしょう。

駐車場の場合にも例外ではありません。最近は車離れが加速していると言われていますが、それでも渋滞が頻繁に発生しますし、駅前の駐車場などは満車になっているケースも多くなっています。安定して収入を得られるのも不動産投資のよさなのですが、景気に左右されにくいのも不動産投資のよさです。しかもいろいろな使用用途があるので、土地の場所によって対応することも可能なのです。

保険の代わりにもなる

保険というのはいざというときにお金を知らってくれることで、生活を助けてくれるシステムなのですが、不動産投資を行うことで、保険と同様の役割を担ってくれるのです。不労所得というのは、何もしなくても収入が入ってくることなので、万が一お金が必要になったときでも安心できるでしょう。ただし、不動産の活用方法や広さによっても変わってくるので、保険の代わりにしてしまうのはあまりよくありません。

現在では税金でたくさんのお金を徴収されてしまうので、不動産投資を行いながらアルバイトや正社員として働いている人もたくさんいます。しかし、近年は大手企業が外資に吸収され、中小企業は倒産するケースも増えているため、万が一のときに備えておくこともできるでしょう。もし失業した場合、失業保険をもらうことができるのですが、決して十分な金額だとは言えません。

そのため、不動産投資を行っておけば、失業保険が切れても安心できるでしょう。もしくは不動産投資で事業を開始することも可能です。不動産投資最大のよさは、やはり不労所得だと言えるでしょう。しかも利回りがとてもよいと言われています。集合住宅として利用した場合、多少部屋が空いていたとしても十分プラスの収入になるのです。