不景気にも強い

不動産投資は景気がよくても悪くても利益をしっかりと出すことができます。もちろん景気がよいに越したことはありません。特に不動産の売買を行う場合には、景気によって大きく左右されますが、購入するときには景気が悪い方が低価格で購入できますし、売却するときには景気がよい方が高く売れるので儲かるでしょう。しかし、不動産投資を行う場合には、あまり景気に影響されにくくなっているのです。

景気がよくても悪くても、賃貸住宅の利用者数にそれほど大きな変更点はありません。景気が悪くなると安い賃貸住宅に引越しをして、景気がよくなると高い賃貸住宅に引越しをするという人はあまりいないでしょう。だからこそ景気の良し悪しに左右されにくいと言われているのです。これも不動産投資のよいところだと言えるでしょう。

駐車場の場合にも例外ではありません。最近は車離れが加速していると言われていますが、それでも渋滞が頻繁に発生しますし、駅前の駐車場などは満車になっているケースも多くなっています。安定して収入を得られるのも不動産投資のよさなのですが、景気に左右されにくいのも不動産投資のよさです。しかもいろいろな使用用途があるので、土地の場所によって対応することも可能なのです。